オンラインカジノは無料でも遊べる!

オンラインカジノは無料でも遊ぶことができる。オンラインカジノを始めるには①ソフトウェアのインストール②アカウント登録が必要だけどすべて無料。ベラジョンカジノのようにインターネットブラウザ型のカジノはなにもやることなく無料で遊べちゃうのでお手頃。

無料モードプレイもできるので入金して有料モードでお金を賭けない限り完全無料で遊べる。ただし有料モードでないとプレイできないゲームもある。その代表的なのが生中継映像を利用したライブゲームとか、一部のジャックポットスロットなんかは有料モードでないとプレイできないゲームに該当するよ。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノは合法?違法?

日本は賭博(ギャンブル)禁止国だからオンラインカジノは違法じゃないの?こんな疑問・不安を抱くと思う。オンラインカジノで遊ぶ行為は「昔も今も変わらず黙認されている」というのが適切な表現だ。

いわゆるグレーゾーンというやつだけど現実的にはオンラインカジノで遊んでも大丈夫。というのは今から説明する2つの見解があるものの、過去に有罪となった事例が無いからだ。

 

違法とはいえないという見解
違法=賭博罪(刑法185条と186条)が成立するからということなんだけど、賭博罪の性質上「胴元(海外)」と「客(日本)」がセットで捕まらないと成立しない。さらに日本の刑法は海外は適用されない。

それに日本はアメリカのようにはっきりとインターネットギャンブル禁止法UIGEAというものが無いため違法とはいえないということもあるんだろう。

 

違法性ありという見解
ギャンブルをしているのは「日本の自宅のPCの前」であるのでギャンブルは日本で行われている。だからいかに胴元が海外といえども日本にいると見なすことができるため刑法は適用できる。

確かに賭博は日本のPCの前で行われているわけだけど、胴元の海外が刑法の適用を受けるっていうのは無理があるかなーというのが僕の考え。法律的なことは知らないけど、そもそも胴元(海外)はギャンブルが合法とされている国で政府公認のゲーミングライセンスを取得し、運営場所もその国。海外側からしたら100%合法運営なわけで、日本側のとばっちりをくらうという形式に見える。

UIGEAという禁止法のためオンラインカジノサイトにはアメリカの国旗に「×」が入っている。これはオンラインカジノ側がアメリカ人はできないようにしている。こんな感じで日本も「×」が出ればアウトだろうけど。

ウィキペディア「オンラインカジノ適法性について」も参考に。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

NETELLERに入金する方法(銀行振込み編)

自分のNETELLER口座に入金する時はNETELLER名義の楽天銀行に
振り込みをすることで1,2日後に反映される仕組みだよ。
日本銀行⇒楽天銀行⇒NETELLER

ステップ1 NETELLERにサインイン

NETELLERにサインインし、入金を選択するよ。

ステップ2 赤枠の入金を選択

こんな感じのマークが出るよ。

ステップ3 入金額を入力

通貨はUSD(アメリカドル)だよ。

ヤフーファイナンスで1$=何円?かを見る。

ステップ4 確認

ステップ5 楽天銀行ワルツ支店の振込先が分かる

ステップ6 楽天銀行ワルツ支店に振り込む

これで1、2日後にNETELLER口座に反映されるよ。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

ジャパンネット銀行でwebanqに振り込む方法

楽天銀行でwebanqに振り込む方法と同様だよ。

ジャパンネット銀行の場合は振込手数料は52円。

[手順]
1、webanqにログインし振込先を確認
2、ジャパンネット銀行にログインしフォーム入力で完了

僕自身楽天銀行口座しか持っていないのでジャパンネット銀行での振込方法は細かな所は知らないけど、楽天銀行同様に依頼人の欄に「名前 WBxxxxxxx」というように自分のwebanq口座IDを入力するのがポイント。

※webanq口座IDとはwebanqにログインし上にある「口座番号」のこと。
※webanq口座IDを入力し忘れてもwebanqからメールが来るので返信すれば入金処理がされるので大丈夫だよ。

ジャパンネット銀行からのwebanqへの入金反映時間は楽天銀行同様に15分くらいなはず。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

楽天銀行でwebanqに振り込む方法│入金未経験者さんへ

この記事では楽天銀行からwebanqに振り込を行うやり方(流れ)を説明しています。

下のような感じで銀行振込後、webanqに反映される仕組みです。

楽天銀行

webanq指定の楽天銀行かジャパンネット銀行
15分
自分のwebanq口座に反映される

まずは楽天銀行→webanqの流れ(1~3の手順)を説明します。(webanqは登録が必要です。完全無料です。)

webanqに直接お金を振り込めるわけではなく、webanq指定の楽天銀行、ジャパンネット銀行のどちらかに振り込みをすると約15分後に入金処理が完了し自分のwebanq口座に反映される仕組みです。

 

1、webanqにログインし、「入金」をクリック

2、webanq指定の楽天銀行・ジャパンネット銀行の振込先が確認できるのでそこに振り込みをします。
下のような画面で確認することができます。
webanq振込先.JPG

3、楽天銀行にログインし、「振込」⇒「振込を行う」⇒「楽天銀行のマーク」を選択すると入力フォームが出るので入力をします。

楽天銀行の場合は依頼人の欄に名前+webanq口座番号も入力します。webanq口座番号はWBで始まる番号で、webanqログイン後画面上に表示されています。

楽天銀行⇒webanq入金1.JPG


 楽天銀行のワンタイムキーは暗証番号までを入力すると楽天銀行に登録してあるメールアドレスに自動で届きます。ワンタイムキー=4桁の半角英数字のキーです。

楽天銀行⇒webanq入金2.JPG


楽天銀行⇒webanq入金3.JPG

 

振込み完了後、15分後くらいには自分のアカウントのwebanq口座に入金反映されます。早い時は2分でした。下の画像が5万円入金した時のwebanq口座です。

webanq入金反映.JPG

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

ワイルドジャングルカジノの入金方法│webanq未経験者さんへ

この記事では自分の楽天銀行口座からwebanq(ウェバンク)という送金サービスを経由してワイルドジャングルカジノへの入金のやり方(流れ)を説明しています。(ジャパンネット銀行や一般銀行も可能です。)

 

1~4の作業で完了です。

 

1、楽天銀行

2、webanq指定の楽天銀行かジャパンネット銀行
15分
3、webanq反映
即時
4、ワイルドジャングルカジノ

 

まずは楽天銀行→webanqの流れ(1~3の手順)を説明します。(webanqは登録が必要です。完全無料です。)

webanqに直接お金を振り込めるわけではなく、webanq指定の楽天銀行、ジャパンネット銀行のどちらかに振り込みをすると約15分後に入金処理が完了し自分のwebanq口座に反映される仕組みです。

 

1、webanqにログインし、「入金」をクリック

2、webanq指定の楽天銀行・ジャパンネット銀行の振込先が確認できるのでそこに振り込みをします。
下のような画面で確認することができます。
webanq振込先.JPG

3、楽天銀行にログインし、「振込」⇒「振込を行う」⇒「楽天銀行のマーク」を選択すると入力フォームが出るので入力をすれば完了です。

 

下の画像の赤枠に書いてある通り、楽天銀行の場合は依頼人の欄には名前+webanq口座番号も入力します。webanq口座番号はWBで始まる番号で、webanqログイン後画面上に表示されています。

楽天銀行のワンタイムキーは暗証番号までを入力すると楽天銀行に登録してあるメールアドレスに自動で届きます。ワンタイムキー=4桁の半角英数字のキー。それを入力すれば振り込みが完了します。下の画像のような感じです。

楽天銀行⇒webanq入金1.JPG


楽天銀行⇒webanq入金2.JPG


楽天銀行⇒webanq入金3.JPG

 

振込み完了後、15分後くらいには自分のアカウントのwebanq口座に入金反映されます。早い時は2分でした。下の画像が5万円入金した時のwebanq口座です。

webanq入金反映.JPG

 

 

ここまでで楽天銀行→webanqが完了しました。次はwebanq→ワイルドジャングルカジノです。(ワイルドジャングルカジノの登録が必要です。完全無料です。)

 

1、ワイルドジャングルカジノのソフトウェアを起動しログインし「キャッシャー」をクリック。
ワイルドジャングルカジノキャッシャー.JPG

 

2、入金額、webanq口座番号、パスワードを入力すれば完了です。即入金反映されます。
パスワードはwebanqログイン後、「口座設定」⇒「パスワードの変更」で設定できます。
webanq⇒ワイルドジャングルカジノ入金1.JPG


webanq⇒ワイルドジャングルカジノ入金2.JPG

これで入金は完了です。すぐに有料プレイができます。

 

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

ルーレット攻略「98.48%法」は有効か??

当ブログ内でルーレット攻略法として「ライブルーレット限定のシフトベット法」、「大数の法則」を記事にしましたが、ルーレット攻略法でよさげの手法がありました。

その攻略法とは「98.48%法」という手法です!

下の画像で説明していますが、ABの領域があって3回連続してAという結果となった場合4回目がBという結果になる確率は98.48%という理論です。(勝率が98.48%ってこと。)

確率という数値を絡めた理論は頭の悪い僕では無理なので理論や計算式の解説はできませんが、この手法は情報商材で売られている(売られていた?)ルーレット攻略法みたいです。

前置きはこれくらいにしておいてやり方を解説いたします。

[98.48%法のやり方]
空スピンし3連続でAに玉がポケットインしたら、Bにダズンベットするという手法です。

では順を追って具体的に説明しますね。

1、[0]、[1~12]、[13~24]、[25~36]の4つの領域で考えます。
ダズン=ダースのことで12セットのことです。(1ダース12本入りとかいいますよね。)

2、この4つの領域を2分割します。仮に[0]、[1~12]=Aとし、[13~24]、[25~36]=Bとします。

3、Aの領域に3連続でポケットインするまで空スピンし続けます。

4、上の画像の右上の出目履歴を見てください。上からから[6],[10],[9]とありますよね。
つまりA=[0]、[1~12]の領域に3連続でポケットインしました。

5、3の条件を満たしたのでいよいよここで賭け金を置きます。
賭け金は上の画像のようにB=[13~24]、[25~36]の領域に置きます。

6、スピンしたところ[29]にポケットインしました。Bに玉が入ったので勝ち!(下の画像)

ダズンベットの配当は3倍です。B領域の「真ん中の12」に1ドル、「最後の12」に1ドル賭けたので、「最後の12」が当たり、「真ん中の12」ははずれなので結果としてプラス1ドルの収益です。

勝てば必ず「賭け金分」プラスになって戻ってきます。(ここでは1ドル)

どうでしょうか?やり方は分かりましたか?
ここでは1回試しましたがプラス1ドルになりました。

98.48%の勝率とはいえ100%では無いので連敗することは当然あります。自分なりのルールを決めてプレイするようにしましょう。3連敗したらやめるとかね。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

バカラのコミッションは5%

バカラはバンカー側に賭けると5%のコミッション(手数料)が取られるよ。
1ドル賭け勝ったとしたら、1ドル×0.05=0.05ドルのコミッションが取ら
れるんだよ。

バカラはプレイヤーよりバンカーの方が若干勝率が高く有利だから
その差を埋める感じでコミッション5%をカジノ側に払うということで
プレイヤー側の若干の不利さを埋めているわけだよ。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

バカラはバンカーとプレイヤーどっちに賭けるのがいいの?

バカラはサイドベットを抜きで考えると2択の賭け方、つまりバンカーに賭けるのか?プレイヤーに賭けるのか?となります。

ではどちらに賭けるのがいいのか?

結論から言うとバンカーに賭ける方です!
理由はバンカーの方が勝率(バンカーアクションが関係している)とハウスエッジが優れているからです!

バカラ攻略の1つがこのバンカーに賭けるというやり方です。

表1 勝率

表2 ハウスエッジ=控除率=カジノ側の取り分(プレイテックソフトの場合)

上記の表から勝率もバンカーの方が高く(カードを引く引かないのアクションが有利だから)、ハウスエッジも低いです。

ということはバンカーの方が勝ちやすくカジノ側に持ってかれるお金が少ないということです。
コミッション5%を考慮しても勝率とハウスエッジの有利さからバンカーが有利ということです。

「バンカーBETはコミッション5%」
プレイヤーに賭けた場合は配当は2倍(1:1、賭け金1ドルが戻ってきてプラス1ドルの儲け)となりますが、バンカーの場合は5%のコミッション(手数料)が引かれ配当は1.95倍(1:0.95)です。

「バンカーアクションが有利という例」
プレイヤーに3枚目のカードが配られた時に、バンカーが自分も3枚目を引くのかまたは引かないのかのアクションがプレイヤーよりも有利。(プレイヤーは5以下なら配られ、6以上ならスタンドと一定のアクション。)

例えばプレイヤーの場合は計2枚であれ3枚であれハンドが6ならスタンドですが、バンカーはハンドが6であればプレイヤーの3枚目のカードが6か7ならカードを引くことができるので仮にA、2、3を引いたとすれば引き分け以上に持ち込めるからです。⇒勝率が高い理由

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

バカラのルールを解説!

バカラは9点に近い方が勝ち!
バカラはバンカー(カジノ側)とプレイヤーの2人の間で2枚ずつカードが配られ、その合計点数を競い、9点により近い方が勝ちというゲームです。(場合によっては3枚目が配られます。)

お互い同じ点数ならタイ(引き分け)で、賭け金は返却されます。タイに賭けていれば配当倍率は9倍と破格です!!(ワイルドジャングルカジノの場合)

バカラはバンカーはカジノ側ですが、プレイヤーは自分というモデルではなく、仮想のプレイヤーということで、BETはバンカーかプレイヤーかどっちが勝つのかあなたは自由に賭けることができます。

バカラはブラックジャックに似ていますが、ブラックジャックは自分の意志でヒット(カードを引く)、スタンド(もう引かない)などのアクションが選択できるのに対して、バカラはその決定権が自分に無いというのが違う点です。

「得点」
・Aは1点
・2~9はその数字通りの点数
・10、J、Q、Kは0点

例えば2枚のカードが8と9だった場合17となりその下一桁が点数となるのでこの場合は7点です。
7とJの場合も7+0で7点です。

ここからがバカラのややこしいところ
プレイヤーとバンカーに3枚目のカードが配られるケースもあります。

3枚目のカードが配られるか否かの条件

プレイヤーの2枚の合計点数が以下の場合

つまりプレイヤーは5以下なら配られる、6以上なら配られない
注)プレイヤーのアクションは一定。

バンカーの2枚の合計点数が以下の場合

つまりバンカーは2以下なら引く、7以上なら引かない。3以上6以下はプレイヤーの出目に依存する⇒表に従う
注)プレイヤーの3枚目に対してバンカーのアクションが変わる。

「表:ウィキペディアより引用」
Hはヒット=引く。
Sはスタンド=引かない

文章だけの説明ではイメージが沸かないと思うので、今から説明する5つのパターンを知ってもらえばいいです。プレイしていくうちに分かってくるはずです。

ケース1-A プレイヤーが5以下⇒プレイヤーのみ3枚目が配られる

プレイヤーの初めの2枚は4+A=5。5以下なので3枚目のカードが配られる。配られたカードはK=0なので表に基づきバンカーはカードを引かない。(S:スタンド)

 

ケース1-B プレイヤーが5以下⇒バンカーにも3枚目が配られる

プレイヤーは4+9=13⇒点数は3。5以下なのでプレイヤーに3枚目が配られます。配られたカードは3。表に基づきバンカーも3枚目を引く。(H:ヒット)

 

ケース2 バンカーが2以下の場合

プレイヤーは7+K=7なのでスタンド。バンカーはA+9=10⇒点数は0だから3枚目のカードを引く。

 

ケース3 お互い6か7の場合⇒スタンド

お互い7なのでスタンド。そこで勝負!

 

ケース4 片方が8か9⇒勝負!

バンカーが9なのでプレイヤーの点数がどうであれそこで勝負!(ナチュラル)

ルールは理解できたでしょうか??
表に基づいてバンカーがカードを引くっていうのがややこしいところです。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事