ルールなんぞ不要!ハイ&ロー系のカジノゲームは初心者向け

定番カジノゲームとなると多少なりともルールが必要だけど、今から紹介するゲームはルールなんぞ一切不要の誰でもできる超簡単なゲームだ。

ハイ&ロー(High & Low)は初めに出たカードやサイコロの出目(数字)と比べて、次に出るのは高いか?低いか?を当てるだけのギャンブルゲーム。カイジだったら間違いなく「運否天賦のギャンブルだ・・」と言いそう。

ワイルドジャングルカジノには該当するゲームはいくつかあるけどこのページでは2つ紹介しようと思う。この2つはワイルドジャングルカジノのアーケードゲームに分類されている。両方とも無料ゲーム可能。ジャックポットは有料モードで無いと表示されない。

1、「ジェニーズ・ハイ・ロー ジャックポット」

数字と色の2つを当てないといけない。無料モードでは数字と色片方だけで可能だったけど有料モードでは違ったので初めまごついてしまった。
何連勝すればいいやら・・上まで昇りつめれば高額賞金が待っている。

 

2、「ローラーコースターダイス」

5連勝して初めて配当が得られる。賭け金の4倍、7倍、13倍、30倍という配当設定になっている。背景グラフィックといいサウンドといい「まぬけさ」を感じる(笑)

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノ初心者向けの定番ゲームは?

オンラインカジノ初心者さんなので、ルールを全く知らない・低予算・面白く感じるゲームということを前提に考えると、7つの定番ゲームの中ではブラックジャックという結論。

[定番ゲーム]
・スロット
・ルーレット
・バカラ
・ブラックジャック
・ビデオポーカー
・クラップス
・シックボー

ブラックジャックは21を超えない範囲でディーラーより点数が勝れば勝ちというゲーム。ベーシックストラテジー表というものがあるけど初めは無視して問題ない。アクションもヒットとスタンドだけ知っていればいい。

ヒット:カードを1枚引くこと
スタンド:引かない。手札を確定させること
インシュランスしますか?と聞かれたらNOで。

[ブラックジャック 無料モード ワイルドジャングルカジノ]
この動画では動作が重いけど実際はサクサクと軽快なのでご心配無く。
1~5箇所でプレイができる。5箇所すべてでプレイした方が有利。

 

他のゲームについて初心者向けで無い理由を述べさせてもらうと、

スロットは一発当てる・あっという間に飲まれるという性質のゲームなので低予算では手を出さない方が無難。

ルーレットは初心者向けだけど、どこに賭けたらいいのか迷いを生じる人は結構いるんじゃないかな?そうなると面白く感じなくなってしまうと思うのでそういう理由で初心者向けからは除外させてもらった。予想して数字を当てるのが楽しく感じる人は向いている。

バカラも単純だけど本当に楽しむならプレイヤーとバンカーの3枚目のカードアクション条件を知っていないと楽しめない。

ビデオポーカーは役を知っていることが最低条件なので除外させてもらった。

クラップスはかなり特殊なルールなので初心者向けでは決してない。

シックボーはルーレットと似ているので予想が好きなら向いているといえる。

個人的な意見でまとめたけど、数字を当てるのが好きなら初心者向けにルーレット、シックボーも範囲内となるだろう。

ルールなんぞ不要!ハイ&ロー系のカジノゲームは初心者向けの記事も参考に。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノの予算はいくら?

予算は最悪失ってもいい金額にとどめておけばいくらでも構わない。オンラインカジノの最低入金額は20$、30$くらいだから最低でもその額は必要だけど。

もうちょっと突っ込んだ話をすると、バンクロールっていう言葉があってこれはギャンブルに使ってもいいお金という意味で、ミニマムレートもしくは1回のベット額の30倍が妥当なんて言われてる。

例えばブラックジャックを1ゲーム1ドル×3ハンド=3ドルで遊ぶなら、3ドル×30倍=90ドルが妥当。これは3ドルは全体の資金90ドルの「1/30」に過ぎないから負けが続いても資金がパンクしないという意味がある。

最低入金額20$、30$か、適正バンクロール額を予算の目安にするのもいいだろう。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノは1ゲームいくらで遊べる?

オンラインカジノはだいたいミニマムレートが0.1$か1$。ブラックジャックやバカラの定番テーブルゲームはワイルドジャングルカジノ、ベラジョンカジノ、インターカジノではミニマムベットは1$。

ルーレットはワイルドジャングルカジノは0.1$から可能だ。スロットゲームは機種によるけど単価を最小にしてコイン枚数も1枚にすれば1回転0.3$とかで回せちゃう。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

遊ぶオンラインカジノは1つ?2つ以上?

オンラインカジノは複数利用してみるのがいいと思う。なんでかというとソフトウェア(ゲームの種類が違う)やボーナスプロモーションに違いがあるから。入金しなければお金は一切かからないわけなので登録がめんどくさくなければいいだろう。

ソフトウェアって何種類かあってワイルドジャングルカジノであればプレイテック社の、ベラジョンカジノであればPlay’nGOやNETENTやIGT社の、インターカジノであればクリプトロジック社の。

ソフトウェアが違えばゲームの種類が違うから、例えばスロットゲームにしてもマーベルジャックポットはプレイテックやクリプトロジックにあるけど、Play’nGOやNETENTやIGTには無いし、ブラックジャックにしてみたってプレイテックには変則の「ブラックジャックスイッチ」があるし、クリプトロジックには多種類あるし。

違うソフトウェアのゲームで遊ぶことで視野が広がり比較ができるし、ボーナスだってカジノによって金額や条件が違うからね。ブラックジャックやるならインターカジノとか、スロットやるならボーナス貰ってワイルドジャングルカジノとかいろいろ使い分けするのがいいと思う。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノの利益「ハウスエッジ」のお話

ハウスエッジ(控除率)はカジノ側に入る利益のこと。バカラのバンカーコミッション5%は違う。結果的にはカジノに入るんだけどこれは寺銭といわれるものでバンカーに賭ける人は5%徴収しますよーというもの。

ハウスエッジはカジノに利益をもたらすよう表面上は見えない手数料が組み込まれハウスルール(勝率や配当倍率)が決められているという風に捉えてくれればいいと思う。

「1ゲームあたり●●というポジションに賭けたら、●●%がカジノ側の取り分となる理論値」のことで、ルーレットはアメリカンルーレットのファーストファイブベット以外は全て同じ%になるが、クラップスはベットパターン(ベットポジション)によってさまざまな%である。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
[オンカジより引用]
ハウスが提供する全てのゲームで、賞金に対して「手数料(コミッション)」や「確率上、本来受け取るべき賞金から一定の割合」を差し引いた配当額を支払われているのです。

(リターン) + (ハウスエッジ) = 1 (100%)

オンカジ ハウスエッジについて
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

ヨーロピアンルーレットにおいて0、1~36の計37箇所に1ドルずつ計37ドル賭けた場合、最高でも36倍(1:35)の払い戻ししかない。つまり必ず1ドルは損する(約2.7%カジノ側に入る)ように倍率が設定されている。もしこれが37倍(1:36)という設定であれば控除率は0%となる。

また、ヨーロピアンルーレットで赤か?黒か?で「赤」に10$賭けたとしよう。プレイヤーが負ければカジノは10ドルの利益、勝てば-10ドルの不利益となるわけだけど、ここで注目してもらいたいのは勝率。

50%の勝負と錯覚している人は多いと思うけど[0]があるので[0]にポケットインすれば負けるし、黒がでれば負けるよね。

赤・・・18コ
黒・・・18コ
緑・・・1コ

赤に賭けたら勝率は18/37=約48.6%。
ということは敗率は黒と緑だから18/37+1/37=48.6%+2.7%=51.3%

つまり51.3-48.6=2.7%が控除率(ハウスエッジ)。全賭けしても2.7%。赤か黒かに賭けても実は2.7%の手数料が組み込まれている。

この控除率(ハウスエッジ)=利益があるからカジノ側が黒字になるわけだ。だからハウスエッジが低いゲームが有利(負けにくい)と言われている。

ジャックポットスロットで一発当てたとか、バカラで連勝したとか、ここぞという時に高額ベットして勝ったという風なことがあるからこういう場合は当然ハウスエッジは大きくはずれるわけだから、こういうラッキーなことがあるのでハウスエッジが有るとはいえプレイヤーは100%負けるということではないってこと。

ウィキペディア 控除率の実際のページも参考にするといいよ。

最も控除率が低い(つまりプレイヤーに有利)ゲームはクラップスのなんとかっていうベット(クラップスは全く知らないのでごめんなさい)とか、ブラックジャックとか、ビデオポーカーのようだ。オンラインカジノのビデオポーカーマシンは僕が知る限りではJacks or Better 9/6(シングルハンドの機種で、1枚賭けでフルハウス9倍、フラッシュ6倍)のビデオポーカーマシンが最も控除率が低いと思う。

「ウィキペディア 控除率の実際」のページではJack or Better 9/7という機種(オンラインでは無い、リアルカジノだろう)が控除率がプラス(つまりペイアウト率100%)であるようだ。そんな機種があったら毎日打ちたいものだ(笑)

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

インカジ摘発事件と一般オンラインカジノの違い

ネットカフェを装って客にカジノをさせていた!なんていうインカジ摘発(inカジノ)というニュースがあるけどオンラインカジノとは別物。

インカジ摘発理由

・無許可営業
・サーバーの場所が日本(のもあるかもしれない)
・オーナーと客がその場に居て換金行為をしたから賭博罪が成り立つ

オンラインカジノ

・ギャンブル合法国のサーバー
・国際ライセンス取得で合法運営
・日本と海外なので賭博罪は成り立たない

日本でカジノ営業しているだけで無許可営業(そもそも日本ではカジノ営業の許可なんて取れないから)だしね。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノは無料でも遊べる!

オンラインカジノは無料でも遊ぶことができる。オンラインカジノを始めるには①ソフトウェアのインストール②アカウント登録が必要だけどすべて無料。ベラジョンカジノのようにインターネットブラウザ型のカジノはなにもやることなく無料で遊べちゃうのでお手頃。

無料モードプレイもできるので入金して有料モードでお金を賭けない限り完全無料で遊べる。ただし有料モードでないとプレイできないゲームもある。その代表的なのが生中継映像を利用したライブゲームとか、一部のジャックポットスロットなんかは有料モードでないとプレイできないゲームに該当するよ。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

オンラインカジノは合法?違法?

日本は賭博(ギャンブル)禁止国だからオンラインカジノは違法じゃないの?こんな疑問・不安を抱くと思う。オンラインカジノで遊ぶ行為は「昔も今も変わらず黙認されている」というのが適切な表現だ。

いわゆるグレーゾーンというやつだけど現実的にはオンラインカジノで遊んでも大丈夫。というのは今から説明する2つの見解があるものの、過去に有罪となった事例が無いからだ。

 

違法とはいえないという見解
違法=賭博罪(刑法185条と186条)が成立するからということなんだけど、賭博罪の性質上「胴元(海外)」と「客(日本)」がセットで捕まらないと成立しない。さらに日本の刑法は海外は適用されない。

それに日本はアメリカのようにはっきりとインターネットギャンブル禁止法UIGEAというものが無いため違法とはいえないということもあるんだろう。

 

違法性ありという見解
ギャンブルをしているのは「日本の自宅のPCの前」であるのでギャンブルは日本で行われている。だからいかに胴元が海外といえども日本にいると見なすことができるため刑法は適用できる。

確かに賭博は日本のPCの前で行われているわけだけど、胴元の海外が刑法の適用を受けるっていうのは無理があるかなーというのが僕の考え。法律的なことは知らないけど、そもそも胴元(海外)はギャンブルが合法とされている国で政府公認のゲーミングライセンスを取得し、運営場所もその国。海外側からしたら100%合法運営なわけで、日本側のとばっちりをくらうという形式に見える。

UIGEAという禁止法のためオンラインカジノサイトにはアメリカの国旗に「×」が入っている。これはオンラインカジノ側がアメリカ人はできないようにしている。こんな感じで日本も「×」が出ればアウトだろうけど。

ウィキペディア「オンラインカジノ適法性について」も参考に。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事