ルーレット攻略「98.48%法」は有効か??

当ブログ内でルーレット攻略法として「ライブルーレット限定のシフトベット法」、「大数の法則」を記事にしましたが、ルーレット攻略法でよさげの手法がありました。

その攻略法とは「98.48%法」という手法です!

下の画像で説明していますが、ABの領域があって3回連続してAという結果となった場合4回目がBという結果になる確率は98.48%という理論です。(勝率が98.48%ってこと。)

確率という数値を絡めた理論は頭の悪い僕では無理なので理論や計算式の解説はできませんが、この手法は情報商材で売られている(売られていた?)ルーレット攻略法みたいです。

前置きはこれくらいにしておいてやり方を解説いたします。

[98.48%法のやり方]
空スピンし3連続でAに玉がポケットインしたら、Bにダズンベットするという手法です。

では順を追って具体的に説明しますね。

1、[0]、[1~12]、[13~24]、[25~36]の4つの領域で考えます。
ダズン=ダースのことで12セットのことです。(1ダース12本入りとかいいますよね。)

2、この4つの領域を2分割します。仮に[0]、[1~12]=Aとし、[13~24]、[25~36]=Bとします。

3、Aの領域に3連続でポケットインするまで空スピンし続けます。

4、上の画像の右上の出目履歴を見てください。上からから[6],[10],[9]とありますよね。
つまりA=[0]、[1~12]の領域に3連続でポケットインしました。

5、3の条件を満たしたのでいよいよここで賭け金を置きます。
賭け金は上の画像のようにB=[13~24]、[25~36]の領域に置きます。

6、スピンしたところ[29]にポケットインしました。Bに玉が入ったので勝ち!(下の画像)

ダズンベットの配当は3倍です。B領域の「真ん中の12」に1ドル、「最後の12」に1ドル賭けたので、「最後の12」が当たり、「真ん中の12」ははずれなので結果としてプラス1ドルの収益です。

勝てば必ず「賭け金分」プラスになって戻ってきます。(ここでは1ドル)

どうでしょうか?やり方は分かりましたか?
ここでは1回試しましたがプラス1ドルになりました。

98.48%の勝率とはいえ100%では無いので連敗することは当然あります。自分なりのルールを決めてプレイするようにしましょう。3連敗したらやめるとかね。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

ルーレット攻略「大数の法則」はかなり優れている?

大数の法則を利用したルーレット攻略大数表に基づいて1,2,3とか4,5,6というストレート領域に最大40連敗するまでBETが可能なルーレットにおける投資法です。

「ルーレットは1,2,3とかの1列にBETできる。配当は12倍!(境目にマウスを合わせるとダズンベットと表示される。)」

ヨーロピアンルーレットは1~36の数字と0の数字の計37個の数字で成り立っています。
ルーレットにおけるストレート領域(1、2、3とか4、5、6の1列)は3つの数字があります。

全部で37の数字があるので分母は37で、1つのストレート領域は3つの数字があるので分子は3。
つまりストレートになる確率は3/37⇒約1/13と考えることができ、13回に1回は当たるという考え方です。

大数の法則を利用したルーレットは1クール40回と決めてあります。
1/13なら40回中2,3回は当たるはずです。

「大数の法則」を利用したルーレット攻略はこの40回に絞ってルーレットで勝負するというものです。1回でも当たれば1ドル以上の利益となります。

仮に40連敗した時に失う金額はトータルで209ドルです。
マーチンゲール法と比較すると雲泥の差です!
マーチンゲール法は当サイトの「ルーレット攻略「マーチンゲール法+赤・黒BET」は破滅の道か??」の記事に書いてありますが、たった9連敗するだけで209ドルを超えてしまいます。

9連敗なんて普通にあります。
なので40回も勝負でき、勝ったら1ドル以上はプラスになるという大数の法則を活用したルーレット攻略法はかなり優れているのではないかと思います。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

ライブルーレット攻略「ウィールを1/4に見立てたシフトベット法」

ここで紹介するルーレット攻略法はライブルーレット(生中継ルーレット)限定です。
これは観察力・集中力・統計的なデータが必須条件です。

ライブルーレットは女性ディーラーさんが実際に玉を転がします。
ということはディーラーさんの癖、そしてウィール(ルーレット盤)の癖があるはずです。
その癖を考慮して●●の数字にBETするという攻略法です。

黒か赤に賭け続けるマーチンゲール法を活用したルーレットプレイは表面上の確率を考えただけの机上の空論のような攻略法なので、このシフトベット法はテクニック的な方法であるといえます。

「ワイルドジャングルカジノのライブルーレット」
綺麗なおねーさんがディーラー。

「おねーさんがウィールを回し、次に玉を転がす。」

「攻略法の考え方を考察」
ウィール(ルーレットの盤)の1~36+0+00の計の38ヵ所を4等分して考えます。

この考えは黒・赤の1/2でもなく、ピンポイントで当てる1/38でもなく、1/4の勝率の考え方です。
しかもただ数値上の確率を見ただけのものではなく、玉の弾み、ディーラー・ウィールの癖も考慮しています

「ルーレット攻略「マーチンゲール法+赤・黒BET」は有効か??」の記事では確率という数字で見れば1/2のゲーム(勝率でもあり敗率でもある。)ですが、赤と黒は隣同士なため薄皮一枚でつながっています。この「ウィールを1/4に見立てたシフトベット法」は、赤or黒に賭け続ける1/2勝負は玉の気まぐれな弾みによって大ハマリ(負け続ける)もあるので1/4に広げてみればいいんじゃない?的な考え方です。

玉のちょっとした弾みでも1/4の領域なら収束する範囲であるという考え方です。
となれば当然この1/4の範囲にある数字すべてにBETします。

これが「ライブルーレット限定」の「ウィールを1/4に見立てたシフトベット法」という攻略法になります。

より詳しい内容は以下のPDFレポートをご覧ください
>>ルーレット攻略レポート

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

ルーレット攻略「マーチンゲール法+赤・黒BET」は破滅の道か??

オンラインカジノのルーレットの攻略法の1つにマーチンゲール法を活用した赤か黒のどちらかに賭け続けるという方法があります。
その前に前提としてヨーロピアンタイプのルーレットを選ぶことです。(アメリカンタイプは「00」があるので分母が38となり不利。)

0が1つのヨーロピアンタイプを選ぶ!分母が37。

ヨーロピアンタイプの場合は数字は1~36+0なので赤は18個、黒も18個、0が1個となります。

赤にボールが入る確率は18/37=約48.6%、黒にボールが入る確率も同様に48.6%となります。0にボールが入る確率は1/27=2.7%。

50%ではないので2回とはいきません。3回に1回勝てる(負けるのも同じ)計算になります。
赤、黒は配当は2倍です。

「マーチンゲール法:2倍ずつ賭けるチップ戦術みたいな感じ」
マーチンゲール法は、例えば、初めに1$赤に賭けたとします。
負けました。そしたら同じ赤に2倍の2$を賭けます。また負けました。そしたらまた同じ赤にその2倍の4$を賭けます。
このように繰り返していき、勝ったら初めの1ドルに戻します。

勝ったらあら不思議!!全額戻ってきてさらに1$上乗せされている!!

回数を追うごとの賭け金と負け続ける確率=勝ち続ける確率は以下の表になります。(負ける確率を1/2として計算しました。)

実際は18/37⇒(18/37)の2乗⇒(18/37)の3乗⇒(18/37)の4乗⇒・・・

この表通りにプレイするのがルーレット攻略法の1つですが・・
賭け金上限額が大きいオンラインカジノを選ぶことも必要です。ワイルドジャングルカジノのライブルーレットは0.1$~2000$まで賭けれます。

1、負けも勝ちも隣り合わせ(約48.6%で同じ確率)
2、この表通り恐れずカジノチップ(現金)を積める?
3、10連敗は確率上あり得ないから安心?

という不安があるはずです。

10連敗の確率は約1000回に1回。普通に考えてまず無いと思いますがギャンブルですから何が起きるか分かりません。
10連敗=計1023$失います。

・賭け金をそこまで賭けれるか?(懐具合とオンラインカジノのBET額上限)
・10連敗しても冷静でいられるか?

攻略法と呼べるか呼べないか・・数値だけ見れば10連敗確率は極めて低く稼げそうな気がしますが、確率のような表面上の数値では計れない「人の精神状態とお金」が絡み連敗するほどリスクが高まるこのマーチンゲール法を活用したルーレット攻略法はいかなるものなのか?

失ってもいいという覚悟の元0か100かの勝負をする覚悟が無いと軽い気持ちで下手に関わると連敗した時にかなり痛い目に合うだろう。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事