対人ポーカーはテキサスホールデムが主流!

オンラインでポーカーをプレイする場合はテキサスホールデムやオマハのポーカールールの人対人の「対人型ポーカー」と、ハウス対人のビデオポーカーがあります。

そしてこの2つは全く異なります。ポーカーハンド(役)の強さは一緒ですが。

異なる点は2つ

1、ポーカールールが違う
2、人相手か、コンピュータ(カジノ側)相手か

2は説明するまでもないですね。1はビデオポーカーは5カードポーカーといって日本人にとって馴染みの深いルールです。スタート時に5つのカードを保有し、ホールドor交換でハンドを作るポーカー。

一方で対人ポーカーはテキサスホールデムやオマハが主流でルールも5カードポーカーとは異なります。

海外で最も主流で人気のあるテキサスホールデムについて特徴を説明すると3つあります。

1、スタート時に参加する・降りるが自由に選べる
2、スタート時は2枚カードを保有する
3、ゲームの進行度合いによって共有カードが最大5枚出現する

そしてその時その時でチェック(そのまま)かBETするか(コール・(リ)レイズ)降りる(フォールド)かのアクションを選択していきます。

専門用語を入れてテキサスホールデムの流れを解説すると

プリフロップ(スタート時。カードを2枚保有。自分だけ見れる。)

フロップ(共有カードが3枚出現)

ターン(共有カードがプラス1枚出現)

リバー(共有カードがプラス1枚出現)

ショーダウン(ハンドを見せ合い、勝者がポット(チップ)を獲得)

という流れで1ゲームが終了します。

実際はショーダウンまでいくことは少なく、途中でみんな降りてしまい残った1人が勝ちという感じでゲームが進むことの方が多いです。(レートが高ければその傾向が強い。)

ルールは言葉で聞いただけではよく分からないと思うので、オンラインポーカールームで無料プレイをして慣れることで理解できるようになりますよ。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

おすすめのマイクロゲーミング系のオンラインポーカールームは?

マイクロゲーミング社のソフトウェアを使用しているオンラインポーカールームでおすすめなのがJBETポーカーです。

なぜおすすめかというとプレイ画面も、公式サイトも日本語対応だからです。

初めてそのポーカールームを使用する時はライセンスや入金・出金絡みの安全性やボーナス規約などの詳細情報が気になりますよね?でも英語だったら読めないので何も知らないままソフトをインストールしてアカウント登録して入金して有料プレイ・・なんて英語サイトなんてあやしくてとてもできませんよね(汗)

なので日本語対応のJBETポーカーがおすすめなんです!それに僕自身入金してカジノチップを賭けたリアルマネーポーカープレイをしてるので身を持って安全なポーカールームであると体験済みですので。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事

日本語対応のオンラインポーカールームは?

日本語対応のオンラインポーカールームでおすすめしたいのがJBETポーカーです。このJBETポーカーはプレイ画面も、公式サイトも日本語対応なので日本人向けのポーカールームです。

JBETポーカーってマイクロゲーミング社のソフトウェアを使用していることを御存知でしょうか?

マイクロゲーミング社はオンラインカジノのソフトウェアの老舗の会社で、1996年からオンラインカジノの運営に関わってきています。

マイクロゲーミングソフトの信頼度は非常に高く、ペイアウト率の公開というプレイヤーへのカジノサイト側の透明度であったり、カードシャッフルアルゴリズムの入念な検査を第三の機関より受けているのでゲームの公平性が保たれています。

そしてマイクロゲーミングのソフトウェアを使用しているポーカーサイトは、マイクロゲーミングポーカーネットワークというネットワークが適用されていて、JBETポーカーも他のポーカールームもつながっている=プレイヤー数が多いというメリットがあります。

プレイヤー数が少ないポーカールームよりも多い方がいろんな人と対戦できて、また平日の真っ昼間のようなこんな時間にいないだろって時間帯でもプレイしている確率は高まるのでいつでも多数のプレイヤーと対戦が可能ですよ。

DL不要!フラッシュ対応。
PC&スマホに対応した新感覚のカジノ「ベラジョンカジノ」はこちら。

関連記事